【札幌市民たちへ】大根おろしどう食べる? 実は東京にもある「串鳥」の魅力とは

f:id:nuts612:20170329190248j:plain

f:id:nuts612:20170329190312j:plain

プハァ〜〜〜〜〜。

こんにちは、北海道とビールが大好きなナッツ(@nuts612)です。

ただいま串鳥吉祥寺南口店に来ております。
道民、とくに札幌出身の方であれば知らない人はいない焼鳥専門店『串鳥』。北海道のローカル居酒屋なのですが、なんと東京にも吉祥寺と荻窪に店舗があるんですよね。

『串鳥』は各メディアでも取り上げられているため、東京の方でもご存知の方は多いかもしれませんが、串鳥っていろいろおもしろいんですよ。

 

f:id:nuts612:20170329185126j:plain

そこで今回、大学時代を北海道で過ごした山崎さんという知人を連れて、串鳥の魅力を語ってきました。

 

串鳥といえばコレね! お通しの大根おろしとスープ

f:id:nuts612:20170329185120j:plain

はい。これはもう、全国的にも有名ですよね。
そう串鳥ではお通しに大根おろしとスープが出てきます。さらにおかわり自由! 無料!! タダ!!!

ビール飲んで、つまみに大根おろし食べて、スープで癒やされて、ビール飲んで……という無限ループが完成。地味に嬉しいサービスです。

 

f:id:nuts612:20170329185131j:plain

ただし! 東京では……席料200円がかかるのと、大根おろしのみ追加分は有料(100円)なんです……。

だけど、そこは我慢します。だって東京の串鳥も、すべての食材を北海道から送ってきているんですから。大根おろしも北海道の店舗と同じものを提供すべく、すべて輸送しているんですよ!? すごいでしょ。

ということで、まずは乾杯。

 

f:id:nuts612:20170329185139j:plain

f:id:nuts612:20170329190315j:plain

山﨑さんは大根おろしの食べ方にこだわりあります?

f:id:nuts612:20170329190315j:plain

僕は大根おろし、タレの串を食べたときの口直し的に食べますね。あとは普通にそのまま。

f:id:nuts612:20170329190315j:plain

へぇーー! 僕は醤油派なんですよ。あと串と一緒に食べてもウマいっすよ。

 

f:id:nuts612:20170329185915j:plain

ちなみにこの日は「醤油」+「一味」をかけて串と食べてみました。

 

f:id:nuts612:20170329190315j:plain

スープもそのまま飲みます?

f:id:nuts612:20170329190315j:plain

スープは塩入れるんすよ、僕。

f:id:nuts612:20170329190315j:plain

塩っすか? なんで?

f:id:nuts612:20170329190315j:plain

塩入れたほうが、酒飲んでるときの味覚に合うんすよね。

f:id:nuts612:20170329185243j:plain

各席に置かれている塩。入れてみました。

 

f:id:nuts612:20170329185350j:plain

f:id:nuts612:20170329185334j:plain

 

f:id:nuts612:20170329190315j:plain

おぉ〜〜なんまらウマいじゃないですか!

f:id:nuts612:20170329190315j:plain

ナッツさんって大学生時代だけでしょ、北海道。エセ北海道弁はやめてください。

f:id:nuts612:20170329190315j:plain

すいません、実は串鳥も人生で4回目か5回目くらいなんで、今日は串鳥の魅力を教えてください。

f:id:nuts612:20170329190315j:plain

……僕も学生時代だけでしたけど、ナッツさんよりは串鳥通ってましたよ。じゃあ、まずは串鳥の東京限定メニューでも頼みましょうか。

 

実は東京と一部店舗限定メニュー! 北海道名物・ラーメンサラダ!

f:id:nuts612:20170329185443j:plain

f:id:nuts612:20170329190315j:plain

ラーメンサラダってあるじゃないですか。北海道名物の。だけど、串鳥でラーサラ頼めるの、東京と北海道の一部店舗だけなんすよ。

f:id:nuts612:20170329190315j:plain

そうなんすか!? 知らなかった。

f:id:nuts612:20170329190315j:plain

いやぁ〜〜、懐かしいっすねラーサラ。北海道時代は居酒屋で必ず食べてましたもんね。

 

f:id:nuts612:20170329185506j:plain

f:id:nuts612:20170329185532j:plain

語りながら、手際よくラーサラ(ラーメンサラダ)を混ぜる山﨑氏。

 

f:id:nuts612:20170329185550j:plain

f:id:nuts612:20170329185602j:plain

そして、ラーサラを勢いよく口に運ぶ山﨑氏。

 

f:id:nuts612:20170329190315j:plain

ウマい! ていうかラーサラって、ほぼ冷やし中華ですよね。冷やし中華にマヨネーズかけたら、それってラーサラですよね?

f:id:nuts612:20170329190315j:plain

北海道の人からしたらラーサラはラーサラだし、冷やし中華は冷やし中華なんすよ! 別物!

f:id:nuts612:20170329190315j:plain

ふ〜〜〜ん。

 

やっぱり「もちベーコン巻」はかかせない!

f:id:nuts612:20170329185650j:plain

「もちベーコン巻」と「鳥ねぎま」を注文。

 

f:id:nuts612:20170329190315j:plain

あと、串鳥といえばまず「もちベーコン巻」っすよね。

f:id:nuts612:20170329190315j:plain

あっ、これウマいっすよね! ベーコンの旨味が口の中で餅と絡み合う、絶妙なハーモニー。

f:id:nuts612:20170329190315j:plain

お金がない学生のときって、こういう腹持ちのいいもの好きになるじゃないですか。学生時代を思い出すな〜〜。

 

f:id:nuts612:20170329185704j:plain

f:id:nuts612:20170329190315j:plain

僕も学生時代はお金なくて、いっつも家で白米つまみにウィスキー飲んでました。

f:id:nuts612:20170329190315j:plain

ひもじい……。

 

焼鳥専門店! だけど鳥以外にも牛や豚串もあるぞ!

f:id:nuts612:20170329190356j:plain

 

f:id:nuts612:20170329190315j:plain

串鳥っておもしろいのは、串鳥って店名なのに、鳥以外の肉も多いんすよね。

f:id:nuts612:20170329190315j:plain

たしかにwww

f:id:nuts612:20170329185741j:plain

 

f:id:nuts612:20170329190315j:plain

まずはこちら、「三元豚の豚ねぎま」。

f:id:nuts612:20170329190315j:plain

北海道民って豚好きですよね。セコマにも豚丼ってあるし。

f:id:nuts612:20170329190315j:plain

そうなんすよ、北海道にいたころはなぜかよく豚肉食べましたね〜。

f:id:nuts612:20170329190035j:plain

f:id:nuts612:20170329190315j:plain

いやぁ、美味い。北海道から食材を送っているだけありますね、これ。

f:id:nuts612:20170329185720j:plain

続いては豚しそ巻きと、

 

f:id:nuts612:20170329185757j:plain

豚アスパラ巻き。

f:id:nuts612:20170329190315j:plain

あとは「豚しそ巻き」「豚アスパラ巻き」も美味いっすよね。

f:id:nuts612:20170329190315j:plain

おっ、また豚が出てきた。

f:id:nuts612:20170329190315j:plain

今回頼んでないですけど、「新生姜の豚巻き」も美味しいんですよ。こういった豚巻きシリーズがある焼鳥屋って普通ないっすよね。

f:id:nuts612:20170329185823j:plain

続いて「極み牛サガリ」(写真手前)と一部店舗限定のメニュー「もつ串」(写真奥)。

 

f:id:nuts612:20170329190315j:plain

好きなんですよ僕、サガリ。

f:id:nuts612:20170329190315j:plain

サガリって東京で言う「ハラミ」のことなんですよね。なぜか北海道ではサガリと呼ぶという。

f:id:nuts612:20170329190315j:plain

てか、もつ串とか、もはや焼鳥屋というよりもつ焼き屋ですよね、串鳥って(笑)。

f:id:nuts612:20170329190315j:plain

これは僕も初めてですね。串鳥って札幌のお店もそうですけど、店舗限定メニューが結構あるんですよね。

f:id:nuts612:20170329190429j:plain

f:id:nuts612:20170329190315j:plain

いくら丼も、東京限定のメニューらしいですよ。

f:id:nuts612:20170329190315j:plain

いくら丼ーーーー! 大好きなやつ!

f:id:nuts612:20170329190315j:plain

そして、「エゾシカ」の串や「生ラム」も東京限定らしいので、むしろ札幌の人たちにも東京の串鳥を試していただきたいですね。

 

実は裏オプションも! 梅ダレで新しい味を体感せよ。

f:id:nuts612:20170329190058j:plain

 おかわり自由なので、スープをおかわりしました。

 

f:id:nuts612:20170329190315j:plain

そういえば、スープに大根おろしを入れる人もいるみたいですね。

f:id:nuts612:20170329190315j:plain

あー、いますね。せっかくおかわりしたので、やってみますか。

 

f:id:nuts612:20170329185835j:plain

f:id:nuts612:20170329185842j:plain

f:id:nuts612:20170329185854j:plain

f:id:nuts612:20170329190315j:plain

やっぱり塩は入れるんですね(笑)。

f:id:nuts612:20170329190315j:plain

当たり前ですよ! ちなみに梅ダレを頼めるって知ってました?

f:id:nuts612:20170329190315j:plain

えっ?! なんすか、それ??

f:id:nuts612:20170329190315j:plain

じゃあ普通のタレと梅ダレ、頼んでみましょう。

f:id:nuts612:20170329185947j:plain

梅ダレのみ有料(20円)。

 

f:id:nuts612:20170329190315j:plain

おー! こんな裏オプション知りませんでした!!

f:id:nuts612:20170329190007j:plain

f:id:nuts612:20170329190315j:plain

この普通のタレも美味いんですよね。みたらしっぽくて、「ちょっと違う味も楽しみたいな」というときにいいんですよ。

 

f:id:nuts612:20170329190050j:plain

f:id:nuts612:20170329190315j:plain

梅ダレも酸っぱい感じがいいっすよ。

f:id:nuts612:20170329190315j:plain

豚しそ巻きと梅ダレ、めちゃくちゃ合う! これは美味しい!

 

まとめ:東京で北海道を感じるなら串鳥で決まり!

f:id:nuts612:20170329190114j:plain

f:id:nuts612:20170329190315j:plain

いやぁ〜〜〜、ウマかったすね! やっぱり串鳥っすねーー!

f:id:nuts612:20170329190315j:plain

あんまり行ったことないでしょ。

f:id:nuts612:20170329190315j:plain

でも、北海道時代の思い出がもう鮮明に蘇ってきました!

f:id:nuts612:20170329190315j:plain

たしかに、それはありますね。北海道また行きたいなぁ。

 

f:id:nuts612:20170329190125j:plain

ということで、今回は串鳥吉祥寺南口店へ行ってきました。お店は吉祥寺駅の南口を出てすぐ。東京在住の北海道民の皆さまも、北海道グルメに興味がある東京の皆さまも、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

北海道の食材、大根おろしやスープといった独特のお通し、そして焼鳥専門店なのに鳥以外の豊富なメニュー。北海道出身の友だちなどを連れていけば、自慢げにメニューの説明をしてくれることでしょう。


また、北海道・札幌へご旅行される機会があれば、ぜひ現地の串鳥も探して行ってみて下さいね。街を歩くごとに「あっ! 串鳥!」とお店の多さに驚くはず。

そして現地の人に混じって串鳥を食べれば、道民の気分を味わえるかもしれませんよ。

 

以上、ナッツがお送りしました! それではまた!

 

店舗情報

  • 住所:東京都武蔵野市吉祥寺南町1-1-2 徳竹南口ビル2F
  • TEL:0422-24-1194
  • 営業時間:PM 4:30~AM 0:30 (ラストオーダーAM 0:00) 
  • 定休日:12/31
  • 公式HP:http://kushidori.com/tokyo/index.html

 

書いた人:永田優介(ナッツ)

f:id:airdoblog:20161118111659j:plain

1987年生まれ。北海道出身・東京在住のフリーライター。趣味は映画館巡り。毎日精一杯生きていこうと思います。頑張ります。

Twitter:@nuts612