【足湯! 夜景! 激ウマラーメン!】札幌市を1泊2日で思いきり満喫してみた 前編(カツセマサヒコ)

f:id:airdoblog:20161123131954j:plain

ライターのカツセマサヒコです。
このたび航空会社のAIRDOに声をかけていただいて、1泊2日の札幌旅行に行ってきました!

北海道には1度しか行ったことがないのですが、札幌、遊ぶところも食べるところも充実しすぎてて本当に最高!その魅力をできるだけ伝えられるように書いていこうと思いますので、この夏に旅行を考えている方、ぜひ最後までお付き合いください!

f:id:airdoblog:20161123131955j:plain

羽田空港からのAIRDO 15便で行く、快適な空の旅。
見てくださいこの機体。ものすごくエアがドゥしてます。

f:id:airdoblog:20161123131956j:plain

朝が早かったために朝食を食べている余裕がなかったので、機内誌「rapora(ラポラ)」に載っていた有料メニュー「パスタ入り北海道産とうきびチャウダー」(500円)を食べる。パッケージがかわいい。

f:id:airdoblog:20161123131957j:plain

口の中に優しい味がじわ~っと広がって、思わず顔がほころぶ。ボリュームもそこそこあるし、朝食はあえて食べずに、機内でこれを食べるのもアリかもです。500円なら安い。

f:id:airdoblog:20161123131958j:plain

食べ終わって一息ついたらすぐに新千歳空港に到着。
羽田→新千歳空港って1時間35分で着くんですね。3時間くらいかかるかと思ってた。飛行機ってすごい。

f:id:airdoblog:20161123131959j:plain

空港に着いたら、今回のアテンドをしてくれるAIRDOの山田さんが出迎えてくれました。
AIRDOのフェイスブックページにもよく出てきている看板娘。ものすごく元気な人。

f:id:airdoblog:20161123132048j:plain

カツセさん、2日間よろしくお願いします!

f:id:airdoblog:20161123132047j:plain

こちらこそー! お世話になります!

f:id:airdoblog:20161123132048j:plain

あの、さっそくで申し訳ないんですけど、駐車場が広くて、どこに駐車したかわからなくなりました!

f:id:airdoblog:20161123132047j:plain

なにそれ、幸先めっちゃ不安。

f:id:airdoblog:20161123132048j:plain

大丈夫! 一緒に探しましょ!

f:id:airdoblog:20161123132047j:plain

(ものすごくポジティブだな……)

 

札幌は、時計台とクラーク博士だけじゃない

f:id:airdoblog:20161123132000j:plain

駐車場をさまようこと15分、無事に車が見つかって空港を出発。まさかいきなり「試される大地」の洗礼を受けることになるとは思わなかった。

f:id:airdoblog:20161123132048j:plain

さぁカツセさん! 札幌市を思いきり堪能してもらいますからね! しっかり記事化してくださいね!

f:id:airdoblog:20161123132047j:plain

うーん、でも、札幌と言っても、時計台とクラーク博士くらいしか見るものないんじゃないの? あとは全部広大な空き地とかじゃなくて??

f:id:airdoblog:20161123132048j:plain

……はい?

f:id:airdoblog:20161123132001j:plain

札幌市の経済観光局に連れていかれた。

f:id:airdoblog:20161123132049j:plain

経済観光局の札場(ふだば)です。よろしくお願いします。

f:id:airdoblog:20161123132050j:plain

同じく経済観光局の石山です。札幌市の観光スポットについてお話します。

f:id:airdoblog:20161123132047j:plain

(なぜこんなガチすぎる人たちが……)

f:id:airdoblog:20161123132047j:plain

あの、僕、イマイチ札幌のことがわかっていないんですけど、ぶっちゃけ今の札幌って何がオススメなんですか?

f:id:airdoblog:20161123132049j:plain

いま全力で推しているのは、夜景ですね。

f:id:airdoblog:20161123132047j:plain

夜景? 夜景だったら都心の方が絶対キレイじゃないですか? オフィスビルの数が違うし。

f:id:airdoblog:20161123132050j:plain

札幌は2015年10月、「日本新三大夜景都市」に選ばれたんですよ。

f:id:airdoblog:20161123132047j:plain

え! 何それすごい! 東京と並ぶってこと?

f:id:airdoblog:20161123132049j:plain

いえ、「日本新三大夜景都市」は、長崎、札幌、神戸です。

f:id:airdoblog:20161123132047j:plain

え! 東京入ってないの!?

f:id:airdoblog:20161123132049j:plain

はい。東京は入ってないです。

f:id:airdoblog:20161123132047j:plain

なんと……知らなかった……。

f:id:airdoblog:20161123132002j:plain

f:id:airdoblog:20161123132047j:plain

ほかにもオススメしているものってあるんですか? どうせラーメンとジンギスカンですよね?

f:id:airdoblog:20161123132050j:plain

うーん、食事で言ったら海鮮物はいつも美味しいし、春から夏にかけては、アスパラとかとうきびが最高ですよ。

f:id:airdoblog:20161123132049j:plain

うん。アスパラとか、本当に太くて甘味があります。ラーメンやジンギスカンももちろんあるんですけど、今はそれ以外の北海道ならではのものも積極的に紹介しています。例えば北海道は生産者と料理人の距離感が近いから、旬の食材を使ったフランス料理やイタリア料理などの美食も気軽に食べられます。

f:id:airdoblog:20161123132047j:plain

知らなかった……。

f:id:airdoblog:20161123132050j:plain

あとは、パフェじゃないですかね?

f:id:airdoblog:20161123132047j:plain

パフェ!?

f:id:airdoblog:20161123132050j:plain

札幌は夜遅くまで開いているカフェやパフェ専門店があるんですよ。男性だけでもパフェを食べている姿もたまに見かけますし。飲み会後に「締めパフェ」って文化、じわじわ来ている気がします。

f:id:airdoblog:20161123132047j:plain

締めパフェ!? 締めは普通、ラーメンかそばでしょ……。すごいな札幌……。

f:id:airdoblog:20161123132003j:plain

経済観光局では二度、三度来ても札幌を楽しんでもらえるように、さまざまな観光スポットを発掘しているそうです。今回の行き先の参考にしているWebサイト「ようこそさっぽろ」も、その施策のひとつらしい。ちょっと変わった観光をしたい人はぜひチェックしてみてください。

 

地獄のちょっと先にあった、天国すぎる足湯

f:id:airdoblog:20161123132004j:plain

市役所で話を聞いたあとは、札幌からちょっと足を延ばして、登別温泉にある天然足湯へ。少し車を走らせると農場や畑が一面に広がって、東京人の僕が描く北海道のイメージそのまんまになりました。

f:id:airdoblog:20161123132005j:plain

左に曲がれば、登別温泉。
やたらと大きい鬼像が道案内している。

f:id:airdoblog:20161123132006j:plain

駐車場で車を止めて、そこからさらに徒歩で進むと、登別名物・大湯沼(おおゆぬま)に到着!

「倶多楽(くったら)火山」の噴火によってできた火口跡にある、大きな沼。周囲を歩くと約1キロにもなるらしい。沼底では約130℃の硫黄泉が激しく噴出していて、硫黄の匂いが充満。表面の温度も約40℃~50℃と高く、水の色は灰黒色で、ところどころゴポゴポ言っている。端的に言うと「地獄によくありそうなやつ」って感じの見た目。

f:id:airdoblog:20161123132007j:plain

ここでは登別観光協会の日栄さんに話を伺えました。

f:id:airdoblog:20161123132047j:plain

硫黄の匂いもすごいし、沼の周りは植物もほとんど生えてなくて、なんだか怖い雰囲気がありますね?

f:id:airdoblog:20161123132051j:plain

そうですね。周囲で約1kmある大きな沼で、水温もかなり高く、しかも濁っていますから、初めて見た方には「本当に地獄みたい」とよく言われますね。

f:id:airdoblog:20161123132008j:plain

f:id:airdoblog:20161123132047j:plain

立ち入り禁止って書いてありますけど、湯気だって立ってるし、誰もわざわざ入ろうとはしないんじゃないですか?

f:id:airdoblog:20161123132051j:plain

いや、それでも入っちゃう人が時々いるんですよね。「入るな」って言われるほど入っちゃうし、「熱いぞ」って言われるほど、お湯を触っちゃうものなんですかね。

f:id:airdoblog:20161123132048j:plain

ダチョウ倶楽部みたい……。

f:id:airdoblog:20161123132047j:plain

人はみんな、心の中に上島竜兵を飼っているんですね。

f:id:airdoblog:20161123132048j:plain

(絶対言いたかっただけだな……)

f:id:airdoblog:20161123132009j:plain

大湯沼からさらに歩いて、目的地である天然足湯を目指します。

f:id:airdoblog:20161123132010j:plain

木漏れ日の中、濁った川に沿って進むこと約10分……。

f:id:airdoblog:20161123132011j:plain

天然足湯に到着―!!!

f:id:airdoblog:20161123132012j:plain

さっそく靴を脱いで、堪能してみることに。

f:id:airdoblog:20161123132013j:plain

お……、これは……?

f:id:airdoblog:20161123132014j:plain

最高~~~~~~~~ッ!!!!

f:id:airdoblog:20161123132051j:plain

湯加減いかがですか?

f:id:airdoblog:20161123132047j:plain

ちょっと熱いぐらいですけど、これぐらいがちょうどいいかも。めちゃくちゃ気持ちいいですね~……。木漏れ日も川の音も鳥の声も全部含めて最高。仕事忘れてしまいたい。

f:id:airdoblog:20161123132015j:plain

天然足湯で昇天しかけましたが、なんとか道を引き返して、今度は「地獄谷」も散策。

f:id:airdoblog:20161123132016j:plain

f:id:airdoblog:20161123132051j:plain

登別の温泉ってとても有名なんですけど、知ってました?

f:id:airdoblog:20161123132047j:plain

え、知らなかったです。そうなんですか?

f:id:airdoblog:20161123132051j:plain

観光専門誌の調査で全国1位になったこともあります。

f:id:airdoblog:20161123132047j:plain

全国1位!?

f:id:airdoblog:20161123132048j:plain

(この人、本当に何も知らずに北海道来てるんだな……)

f:id:airdoblog:20161123132051j:plain

少なくとも道内では1位ですね。1845年から温泉が注目されるようになって、日露戦争の傷病兵の保養地に指定されてからは全国的にその名が知られるようになったんですよ。

f:id:airdoblog:20161123132047j:plain

知らなかった! だったら足湯だけじゃなくて温泉まで入りに来ればよかったなあ……。

f:id:airdoblog:20161123132051j:plain

今度はぜひプライベートでお越しくださいね。

f:id:airdoblog:20161123132017j:plain

日栄さんとお別れしたあとは、温泉街唯一の蕎麦屋「そば処福庵」へ。

f:id:airdoblog:20161123132018j:plain

人気メニューの海老天丼、数量限定の手打ち麺ともよくあうし、カラっと揚げられた衣とプリプリの海老の組み合わせがうますぎる。昼時はちょっとした行列もできていたので、少し時間をズラしていくのがオススメです。

 

126の子どもの遊び場 モエレ沼公園

f:id:airdoblog:20161123132019j:plain

登別温泉に後ろ髪を引かれながらも、舞台は再び札幌市へ。
今度はあの有名建築家、イサム・ノグチがプロデュースした総合公園・モエレ沼公園に向かいます!

f:id:airdoblog:20161123132020j:plain

モエレ沼公園の敷地面積は189ヘクタール(東京ドーム約40個分)にもなるので、駐車場のそばにあったレンタサイクルを利用して回ることに。

f:id:airdoblog:20161123132021j:plain

まさか29歳にして、仕事で平日の昼間からギアなし自転車を漕ぐことになるとは思わなかった。

f:id:airdoblog:20161123132048j:plain

パンフレットに書いてあるんですけど、イサム・ノグチは昔から「子どもの遊び場を作りたい」と考えていて、モエレ沼公園を作ることになったとき、これまで蓄えていたアイデアをここぞとばかりに具現化したそうですよ!

f:id:airdoblog:20161123132047j:plain

なるほど、だから森の影に遊具とかがチラチラ見えるのか。

f:id:airdoblog:20161123132048j:plain

そうです! その数なんと126個!

f:id:airdoblog:20161123132047j:plain

めちゃくちゃ多い! 一日遊んでいられるじゃん!

f:id:airdoblog:20161123132022j:plain

モエレ沼公園のシンボル・モエレ山。標高62m。札幌市北東部唯一の山として地域のランドマーク的な役割も果たしているという。冬には雪が積もって、スキーやソリ遊びが楽しめるらしい。

f:id:airdoblog:20161123132048j:plain

ちなみにこれは事前に調べたんですけど、モエレ沼公園はイサム・ノグチの晩年の作品として知られていますが、実は彼、29歳の頃から「宇宙から見てもわかるように、大地を彫刻したい」と考えていたんだそうです。その夢が長い月日をかけて実現したのが、このモエレ沼公園らしいですよ!

f:id:airdoblog:20161123132047j:plain

29歳って今の僕と同い年か……。イサム・ノグチが宇宙規模の野望を抱いていたとき、僕はギアなし自転車を漕いでいるんだな……なんか泣きたくなってきた……。

f:id:airdoblog:20161123132048j:plain

まぁまぁ! 人には人の人生がありますからね!

f:id:airdoblog:20161123132047j:plain

ほんとポジティブだな……。

f:id:airdoblog:20161123132023j:plain

標高62mのモエレ山を登ると……

f:id:airdoblog:20161123132024j:plain

札幌市北東部を一望~~! 気持ちいい~~~!!

f:id:airdoblog:20161123132025j:plain

山を下ってちょっと自転車を走らせれば、オシャレなデザインの遊具がたくさん見つかる。子どもだったら一生ここで暮らしたいと思っただろうし、大学時代とかに来ても童心に戻ってめちゃくちゃはしゃいだだろうな。

f:id:airdoblog:20161123132026j:plain

ちなみにモエレ沼公園は毎年6月中旬ごろより噴水や水遊び場がオープンするので、そちらもかなり賑わうそう。子連れで札幌に行くなら、ぜひ連れて行きたい場所でした。

 

サンドイッチが最高すぎる喫茶店「さえら」

f:id:airdoblog:20161123132027j:plain

モエレ沼公園で散々自転車を走らせた後は、札幌市民に大人気の喫茶店「さえら」へ。

f:id:airdoblog:20161123132028j:plain

この店のウリはサンドイッチ。レトロな雰囲気の店内はお昼のピークを過ぎても賑わっている。

f:id:airdoblog:20161123132029j:plain

13~14種類のサンドイッチの組み合わせで100パターン近い食べ方ができる。数多くの種類から今回選んだのは、オススメされた「エビかつ」と「フルーツサンド」と「タラバガニ」。

f:id:airdoblog:20161123132030j:plain

「いくら人気店と言っても、サンドイッチの味なんてどこもおな……」

f:id:airdoblog:20161123132031j:plain

「じじゃない! うまー!!!」

やわらかくてフカフカしたパンに、タラバガニとコールスローが絡み合ってめちゃくちゃ味が染みてくる。こりゃ人気出るわけだ。

f:id:airdoblog:20161123132032j:plain

この日お店にいたスタッフの今井さんに少し話を聞いてみました。

f:id:airdoblog:20161123132047j:plain

めちゃくちゃ美味しかったです。サンドイッチは1日にどのぐらい売れているんですか?

f:id:airdoblog:20161123132052j:plain

平日で300個、土日で450個は出ているかなあ……。ピークはお昼前後で、だいたい夕方までには完売しちゃうんだよね。

f:id:airdoblog:20161123132047j:plain

300個が完売ってすごい……。

f:id:airdoblog:20161123132052j:plain

僕もいろんなお店周ったけど、ここのサンドイッチは本当においしい。もう勤めて10年になるけど、札幌で一番いい店なんじゃないかなあ……。

f:id:airdoblog:20161123132047j:plain

自分が働いているお店でそう思えるって、とても幸せなことですよね……。

f:id:airdoblog:20161123132052j:plain

天職だと思ってるんだよね、この店で働くこと。誰よりもマスターが一番お客さんと現場のことを考えてくれているし、そこにすごく共感できるんだよ。

f:id:airdoblog:20161123132047j:plain

人気店はスタッフの人たちが活き活きしてるところにも良さがあったりするもんなあ……。ダラダラ働いているのが恥ずかしくなってきた……。

 

「日本新三大夜景」を拝みに

f:id:airdoblog:20161123132033j:plain

サンドイッチで小腹を満たした後は、日本新三大夜景に認定された夜景を見るために、もいわ山へ。

f:id:airdoblog:20161123132034j:plain

ロープウェイともーりすカー(ケーブルカー)を乗り継いで、展望台へと向かいます。

f:id:airdoblog:20161123132035j:plain

もーりすカーは雪山にありそうなゴンドラで、2台同時に動く。下のゴンドラに乗ったほうが、登って行くときに景色がきれいに見えるらしい。

f:id:airdoblog:20161123132036j:plain

ゲートを越えると……

f:id:airdoblog:20161123132037j:plain

はい、夜景すごいー!!!!

f:id:airdoblog:20161123132047j:plain

すげー! めっちゃキラキラしてる!!

f:id:airdoblog:20161123132048j:plain

これが新三大夜景ですよー! 札幌すごくないですか!?

f:id:airdoblog:20161123132047j:plain

すごいすごい! これは確かにすごい!!

f:id:airdoblog:20161123132048j:plain

ねー! ほんと彼氏と来たかったー!!

f:id:airdoblog:20161123132047j:plain

悪かったな僕で。

f:id:airdoblog:20161123132038j:plain

実際、平日にも関わらず周りはカップルや修学旅行生で溢れかえっていました。確かにこの景色は、札幌に来たなら一度は見ておきたい。

f:id:airdoblog:20161123132048j:plain

せっかくなのでカツセさんも夜景を背景に写真撮りましょう!

f:id:airdoblog:20161123132047j:plain

ぜひぜひ! これが記事のトップ写真になるかもね! お願いしまーす!

f:id:airdoblog:20161123132039j:plain

夜景が何も映ってない。

写真左上にモヤのようなものが見えますでしょうか? 信じられないことに、僕が夜景と映ろうとした瞬間、ものすごい濃霧に襲われたんですよ。完全にギャグかと思った。日頃の行いの悪さがここにきて全部出た。
※このときのためにわざわざ現地でプロのカメラマンさんを手配したんですけど、それでもこれが限界でした。

f:id:airdoblog:20161123132048j:plain

……まぁいっか! 夜景自体は撮れましたもんね!

f:id:airdoblog:20161123132047j:plain

いや全然すっきりしないよ? 何そのあきらめの良さ。

 

真夜中のみ営業の人気ラーメン「いそのかづお」

f:id:airdoblog:20161123132040j:plain

もいわ山を下りたら、今日の最終目的地、ラーメン屋「いそのかづお」へ!
札幌市を代表する繁華街・すすきのにある、夜22時からしかオープンしないラーメン店。着いたら既に長蛇の列ができていた。

f:id:airdoblog:20161123132041j:plain

店内を覗くと、若い店主がひとり、超高速で厨房を動き回っている。着ているTシャツの文言がシブい。ラーメン一杯を作るのに命を削っている感がある、ただならぬ気迫。

f:id:airdoblog:20161123132042j:plain

6席しかないカウンター。1人で回すにはこれが限界なのかもしれない。
店主の一切無駄のない動きに惚れ惚れする。

f:id:airdoblog:20161123132043j:plain

そして出てきたラーメンがこれ! 醤油ラーメン「札幌ブラック」!

f:id:airdoblog:20161123132044j:plain

見た目はかなりこってりしているように見えるけど、味は意外とあっさり。このスープと極太麺の相性が抜群で、ただただ「うまい……」って言い続けていた。「絶品」って、こういう一品のことを言うのだろう。

f:id:airdoblog:20161123132045j:plain

激ウマなラーメンをあっさりと完食して、札幌観光1日目が終了!

足湯もモエレ沼も夜景も最高に楽しかったし、天丼もサンドイッチもラーメンもめちゃくちゃ美味しい。リア充すぎた1日になりました!

f:id:airdoblog:20161123132048j:plain

いやー、いい日になりましたね!

f:id:airdoblog:20161123132047j:plain

本当に! 札幌、めちゃくちゃ楽しめるな。

f:id:airdoblog:20161123132048j:plain

よかったー! 明日もこの調子でいきましょうね! ホテルまで迎えに行きますけど、何時集合にしましょうか?

f:id:airdoblog:20161123132047j:plain

うーん、朝市とか行きたいから、早めに出発しません? 7時半とか

f:id:airdoblog:20161123132048j:plain

えっと……遅刻したらホテルで時間潰してもらえます?

f:id:airdoblog:20161123132047j:plain

寝坊する気まんまん!?

f:id:airdoblog:20161123132046j:plain

食い倒れの旅となった二日目の様子は、後編の記事でお届けします!

それでは、また!!

書いた人:カツセマサヒコ

f:id:airdoblog:20161123132053j:plain

下北沢のWeb系編集プロダクション 株式会社プレスラボのライター・編集として書く・話す・企画することを中心に活動中。 趣味はツイッターとスマホの充電。

Twitter:@katsuse_m